カテゴリ:競馬( 23 )

宝塚記念回顧

>>宝塚記念<<

1着 スイープトウショウ 池添
2着 ハーツクライ    横山典
3着○ゼンノロブロイ  デザーモ

驚いたのなんの。
4歳牝馬が中団から正攻法の競馬をして勝つとはねえ…。
安田で好走してましたから、状態も良かったのでしょうが。
秋は天皇賞に出るのか、マイルCSを目指すのか、それともエリ女か。
何にせよ、エンドスイープの意外性を見た気がします。

しかし橋口厩舎×横山典、まさにGⅠの2ゲッターここにありという組み合わせ。近くて遠いGⅠ勝利です。馬単2着付けでベタ買いするのも手か?w

ゼンノはこんなところかな。不利もあったようですし、休み明けでは反応鈍るのもしょうがない。ですが、海外行って勝てるかというと…うーん。
不可解なのはタップダンスシチー。理想的な競馬に見えたのですが、
四角ですでに一杯の様子でした。堅実派の彼にしては珍しい敗戦。
秋での復活を期したいと思います。
[PR]
by harusamean | 2005-06-27 18:37 | 競馬

安田蚕(遅

>>安田記念<<

1着△アサクサデンエン   藤田
2着 スイープトウショウ   池添
3着 サイレントウィットネス コーツィー

やーらーれーたー。
ハイペースになると踏んで差し馬買ってたのに、藤田曰く「ペースも落ち着いたんでね。」
番手から競馬したSウィットネスが粘っていることから見ても、時計以上に落ち着いたペースだったのでしょう。
本命にしたテレグノシスは6着。スイープ、ブリッシュラックあたりと一緒に上がって来ましたが、最後は前と脚色が一緒になってしまった模様。
地力的にこんなものなのかな、と思います。
不可解なのはダンムーの最下位大差負け。
負け癖つくと嫌だなぁ…。

しかしダメジャーはやっぱり…ヨシトミ先生空気騎乗最高ですww
いい手ごたえで四角回ってきて、オッと思いましたが流石先生ですね。
包まれる>伸びない>後退>空気 のコンボを見事決めてくれました。
宝塚でも、サンライズペガサスの騎乗期待しておりますw
[PR]
by harusamean | 2005-06-07 16:29 | 競馬

圧巻

>>ダービー<<

1着◎ディープインパクト  武豊
2着○インティライミ     佐藤哲
3着△シックスセンス    四位

レース直後、私と友人との電話で交わされた会話。

春雨「あ・・・圧倒的じゃないかッ!!」
友人「ディープ量産の暁には、欧米競馬など捻り潰してくれる!」

はいバカ二人ー。

もうね、圧巻です。参った。
一頭違う生物が混じっていた、というのが正直な感想。
文句のつけようも・・・スタートだけか。
2着のインティライミも、例年なら楽勝のレベル。仕事人哲三が最高の騎乗をみせてくれました。それを5馬身差、子ども扱いですからぐうの音も出ない。
ユタカは前が詰まる事だけを懸念していたのでしょう、四角から大外に持ち出して並ぶ間もなく豪快に差しきる競馬。
ここまで来ると、スタートの出遅れも大外ぶん回しももはや「ハンデ」。それでも千切るのだから、いやはや、モノが違う。

間違いなく、この先10年20年と語り草になるレースだったと思います。
俺ぁ、ディープインパクトのダービーをリアルタイムで見たんだぜ、と将来自慢できそうです。
[PR]
by harusamean | 2005-05-30 18:23 | 競馬

文句無し。

>>オークス<<

1着◎シーザリオ 福永
2着△エアメサイア 武豊
3着○ディアデラノビア 安藤勝

今年のオークスで一番上手く乗ったのは武豊。それは間違いない。
超スローの上がり勝負。後方にうまくシーザリオを押し込めて、直線では絶妙のタイミングで追い出し、粘るエイシンを競り落としたあたりで武は勝利を手にした、と思ったでしょう。
しかし結果は、猛然と追い込んだシーザリオの差し切り勝ち。

シビれました。

この勝ち方が出来るという事は、この馬、相当能力が高い。跳ねるように伸びてきた馬体は、父親スペシャルウィーク@ダービーの姿を彷彿とさせるものでした。聞けば、海外遠征も視野に入っているとのこと。無事に飛躍して欲しいものです。
4着エイシンはペースを落としすぎた。もうちょっと引き離す形になっていれば…とも思います。1200Mで強い勝ち方をしてきた馬ですから、ここで好勝負になるとは夢にも思いませんでしたが…。

今週はダービー。強い馬が1頭います。楽しみだ。
[PR]
by harusamean | 2005-05-23 16:30 | 競馬

牝馬決戦

>>オークス<<

◎シーザリオ
○ディアデラノビア
▲エリモファイナル
△エアメサイア
△レースパイロット
△ジョウノビクトリア
△ジェダイト

素直にシーザリオの実力を信用します。
明らかにマイルよりはオークス向きの馬でしょう、こいつは。
圧倒的人気でも逆らえません。

特注はエリモファイナル。
この馬、血統的にオペラハウス×ドクターデヴィアスで18頭中一番の長距離血統。重厚です。また、1400の紅梅Sを勝つスピード、桜花賞で見せた切れ味を併せ持っていますので一発がある馬ならこの馬でしょう。


>>東海S<<

◎タイムパラドックス
○クーリンガー
▲ブラックコンドル
△アルファフォーレス
△ヒシアトラス
△ペルフェット
△マルブツトップ

タイムパラドックスのヤネが誰になるのかなーと心配していましたが、
橋本美に乗りかわり。地味な騎手ですが、個人的に腕を評価している騎手の一人です。懸念も無く◎。
クーリンガーには大分お世話になっていますし、好調なので本命にしたかったのですが距離的に微妙なので対抗。
あとは先行馬を中心にチョイスです。

………あ、ディアデラノビアがイレコミ激しいなあ…こりゃ沈んだか。
[PR]
by harusamean | 2005-05-22 15:19 | 競馬

好メンツ

今週はGⅠオークスを始めとして、目黒記念・東海Sと3重賞。
どれもいいメンバーだなあ。
普段は1週1レースくらいしか買わんのですが。

うーん。


       |
   \  __  /
   _ (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`) 
     ノヽノヽ
       くく

全部買っちゃえw

と言うことで、目黒記念。

ラヴァリージェニオ

エルノヴァ
オペラシチー
ウイングランツ
ダディーズドリーム
チャクラ
テンジンムサシ

三複流しで。2500Mに実績のある馬をチョイス。
どれも一長一短で軸を悩みましたが、ラヴァリージェニオを指名。
前走の大阪ハンブルグCで2着。その時の1着3着が天皇賞でワンツーとなかなかレベルの高いレースだったのでは、と思います。
エルノヴァ@デザーモを軸にしようかと思いましたが、牝馬はここ数年でレディパステルしか複勝圏に来ていないので評価を下げました。

切った中で怖いのはアサクサキニナル@ヨシトミ大先生。
ここ4年で3勝3着1回・・・怖すぎ。
[PR]
by harusamean | 2005-05-21 15:41 | 競馬

ヨシトミってば…

>>京王杯SC<<

起きたらメインレース直前でした。(←ダメ人間

慌ててPCをつけて、馬柱を確認。うーん。
東京ならテレグノシスでいいかー、相手は実績馬をチョイチョイと……
と言う訳で、

テレグノシス

プレシャスカフェ
ダンスインザムード
アサクサデンエン
キーンランドスワン
アドマイヤマックス
タマモホットプレイ

の三連複軸一頭流しで勝負。

………だああああ、ヨシトミ空気嫁!! 重賞では寝とけ!


1着△アサクサデンエン  後藤
2着 オレハマッテルゼ  柴田善
3着◎テレグノシス     勝浦

本番(安田記念)では人気背負ってコケてくれるといいなぁ…
それがヨシトミクオリティ。

5/18追記 ヨシトミは安田記念ではダイワメジャー騎乗でしたね(汗
[PR]
by harusamean | 2005-05-15 17:35 | 競馬

名牝誕生の予感

>>NHKマイルカップ<<


1着○ラインクラフト      福永
2着△デアリングハート    後藤
3着△アイルラヴァゲイン   横山典


惜しいっ……
軸間違えなきゃ取れてたレースでした。残念。

しかしペースが遅かった。タメないと駄目なペールギュント、追い込み一手のマイネルハーティーには厳しいレースだったようで。
マイネルの内田Jも敗因をペースと左回りと言っておりましたしね。
次走、右回りで見直したいと思います。

対して、連対したのは先行した牝馬2頭。
2着デアリングもよく残ったと言えるでしょう。3歳牝馬でこれほど安定したレースをする馬はあまり見たことがありません。
そして勝ったラインクラフト。先団~好位の内目を通って、直線半ばで堂々の抜け出し。ラインクラフト自身の実力もありましょうが、福永Jが馬の力を信じた好騎乗を見せたということでしょう。調子も最高潮だったようですしね。

競馬界でよく言われる話に、「牡馬クラシックで大物が出た年は、牝馬にも名牝が出る」というものがあります。近い例をひいてみましょう。ナリタブライアンが三冠を獲得した年は、ヒシアマゾンが有馬記念で古馬を押しのけ2着しましたし、ネオユニヴァースが二冠を制した年はスティルインラブが牝馬三冠を制しました。
さて、今年。ディープインパクトという馬が皐月賞を勝っています。レースを見るに、ネオユニヴァースやアグネスタキオン以上のまさに「インパクト」を感じました。あのスケールから見ても、中山2000mより東京2400mの方が向いていることは確実です。怪我さえしなければほぼダービーは当確、三冠にかなり近い位置にいるのではないでしょうか。
そしてラインクラフト。牝馬らしからぬ力強さでマイルGⅠを連勝しました。
上記の法則を考えるに、この2頭のスケールは他馬より二枚も三枚も抜けており……ラインクラフトを名牝と仮定するならば……ディープの三冠確定か!? まぁ、秋を楽しみにしましょう。

それにしても、この結果だと他の牡馬のふがいなさが目立ちます…。唯一アイルラヴァゲインだけが今後の活躍を期待させる内容でした。まだ底を見せてませんな、この馬は。
その他の馬に関しては、レース前予想でも申しましたが、レベルが疑問です。

あーあ。ラインクラフト安田に出ないかなぁ…今回が最高の仕上げで、オツリがないのは分かりますが。
[PR]
by harusamean | 2005-05-09 20:40 | 競馬

名手に期待

>>NHKマイルカップ<<

◎マイネルハーティー
○ラインクラフト
▲ペールギュント
△アイルラヴァゲイン
△インプレッション
△セイウンニムカウ
△デアリングハート

神様仏様内田様、です。
前々から彼の手腕には注目していましたが、昨年あたりからの鬼気迫る騎乗ぶりにはシャッポを脱ぎます。ホントすごい。
5/5の「かしわ記念」でも、道中おっつけ通しながらロスの無い内内を回って、見事強力なライバルを押しのけストロングブラッドを勝利に導いておりました。手ごたえよくなかったのに・・・ため息しか出ません。

マイネルハーティーは、前走のNZTで内田Jが完全に手の内に入れた感があります。乗りこなすのが難しいこの馬、実力を100%発揮すればペールをも凌ぐ素質の持ち主であると感じています。末脚抜群、自信の◎。

ラインクラフトとペールギュントは、ほぼ同程度の評価。両馬ともマイルがベストかつ2000mもこなすことが可能ではないかという点を評価しました。

同じ理由で、戦績から評価を下げましたがインプレッション(母シェイクハンドだし)、セイウンニムカウをチョイス。

さらに先行力のあるデアリングハート、まだまだ底を見せていないアイルラヴァゲインを加えた三連複軸1頭流しで。

当初候補に入れていたビッグプラネット、ストラスアイラは切り。昨日のダービーTR見たら皐月賞下位組にはちょっと手が出ない…負けすぎ。レベルが疑問です。
上位のレベルはそれなりというか例年通りくらいかと思うのですがね。


って三方ヶ原戦況微妙だっぺさーーーーー!!
こういうときに限って今からお出かけorz 頑張れ北条&援軍諸士。
[PR]
by harusamean | 2005-05-08 13:51 | 競馬

すずか☆DEまんぼー

>>天皇賞・春<<

1着 スズカマンボ  安藤勝
2着 ビッグゴールド 和田
3着△アイポッパー  藤田


天  皇  賞  馬      ス  ズ  カ  マ  ン  ボ 


……違和感ありすぎじゃあ!

レース前に予想をし、レース後には結果の分析をする。これが競馬の醍醐味なのに、この天皇賞に限ってはあまりの結果に分析できません…いや、分析したくないです…
[PR]
by harusamean | 2005-05-02 13:51 | 競馬