すらいむすらいむれすらいむときすらいめ

さて。昨日プレイしたTRPGであるが。
「TRPG福袋」という一発ネタシステムが4つ5つ載っている本があるのだが、その96年度に記載されている「スライムTRPG」である。

結論から言おう。

テラバカスwwwwwwwwww

舞台設定↓
「昔々、ある高名な勇者がおりました。ある日勇者は、悪い魔女の呪いを受けて身体の部分部分ごとにスライムになってしまいました! 敵を倒して昔の自分を思い出し、悪い魔女から自分の身体を取り戻そう!」

このシステム。最大の特徴は、自分の形状を決めたらその「感じ」の通りにしか言葉を発することができないのである。少々分かりにくい…実例をあげて説明しよう。
例えば、自キャラ…というか自スライムを「べたべたした感じー」と設定したとしよう。そうした場合、ゲーム中「べた」としか話せないのである!
「べた? べたべた?」とか「べたべたべー」とかよく分からないコミュニケーションを取るしかない訳で…ちなみに私は「ぼよん」。

しかしなんというか…深夜にそれなりの年をした若者が「ぼよん? ぼよぼよ!」「にゅるんーにゅるにゅる」「ねとり…ねとーん!」だの連呼する姿はとても正気とは思われない。

大丈夫か漏れら?

いやもうダメじゃねえ?

そんな春の夜。
[PR]
by harusamean | 2005-05-28 19:52 | 日記
<< 東京優駿 ああまったり >>