ニクイ。

「交渉人 真下正義」見てきました。
「踊る」シリーズ大好きっ子としては見ねばなるめぇ~ということで、気分の萎えないうちに映画館へGO。







なんつーか、相変わらず話の作り方、見せ方がウマイ。
細かなカタルシスを絶え間なく与えつつ話が展開していく様は、テンポもよく緩急もはっきりしていて大変私好みでした。
ツボも着実に突いてくる。「爺様キャラの復帰&見せ場」「職人気質なオヤジとの応酬」「チョイ役に豪華な役者」などなど・・・

個人的にキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!だったのが、劇中、地下鉄新車両PRVTRのナレーター声が若本規夫御大だったこと。思わずニヤついてしまいますた…「レインボーブリッジ~」では銀河万丈だったしなぁ…ニクいキャスティングをしてくれます。

ただ、残念だったのはラストがちょいと…盛大なカタルシスに欠けるかなと。モヤっとしたまま話が終わるので。でもまぁ、十分佳作と言えるのではないでしょうか。

次は「戦国自衛隊」かしらん…ああ、その前に「電車男」があったかw
[PR]
by harusamean | 2005-05-11 19:39 | 日記
<< 感謝感謝 大感謝 名牝誕生の予感 >>