名牝誕生の予感

>>NHKマイルカップ<<


1着○ラインクラフト      福永
2着△デアリングハート    後藤
3着△アイルラヴァゲイン   横山典


惜しいっ……
軸間違えなきゃ取れてたレースでした。残念。

しかしペースが遅かった。タメないと駄目なペールギュント、追い込み一手のマイネルハーティーには厳しいレースだったようで。
マイネルの内田Jも敗因をペースと左回りと言っておりましたしね。
次走、右回りで見直したいと思います。

対して、連対したのは先行した牝馬2頭。
2着デアリングもよく残ったと言えるでしょう。3歳牝馬でこれほど安定したレースをする馬はあまり見たことがありません。
そして勝ったラインクラフト。先団~好位の内目を通って、直線半ばで堂々の抜け出し。ラインクラフト自身の実力もありましょうが、福永Jが馬の力を信じた好騎乗を見せたということでしょう。調子も最高潮だったようですしね。

競馬界でよく言われる話に、「牡馬クラシックで大物が出た年は、牝馬にも名牝が出る」というものがあります。近い例をひいてみましょう。ナリタブライアンが三冠を獲得した年は、ヒシアマゾンが有馬記念で古馬を押しのけ2着しましたし、ネオユニヴァースが二冠を制した年はスティルインラブが牝馬三冠を制しました。
さて、今年。ディープインパクトという馬が皐月賞を勝っています。レースを見るに、ネオユニヴァースやアグネスタキオン以上のまさに「インパクト」を感じました。あのスケールから見ても、中山2000mより東京2400mの方が向いていることは確実です。怪我さえしなければほぼダービーは当確、三冠にかなり近い位置にいるのではないでしょうか。
そしてラインクラフト。牝馬らしからぬ力強さでマイルGⅠを連勝しました。
上記の法則を考えるに、この2頭のスケールは他馬より二枚も三枚も抜けており……ラインクラフトを名牝と仮定するならば……ディープの三冠確定か!? まぁ、秋を楽しみにしましょう。

それにしても、この結果だと他の牡馬のふがいなさが目立ちます…。唯一アイルラヴァゲインだけが今後の活躍を期待させる内容でした。まだ底を見せてませんな、この馬は。
その他の馬に関しては、レース前予想でも申しましたが、レベルが疑問です。

あーあ。ラインクラフト安田に出ないかなぁ…今回が最高の仕上げで、オツリがないのは分かりますが。
[PR]
by harusamean | 2005-05-09 20:40 | 競馬
<< ニクイ。 名手に期待 >>