ウミガメ

連休で遊びに来ていた友人が戻っていきました。
夜半までTRPG→麻雀半荘→朝一の新幹線→そのまま職場とはなかなかハードなスケジュールで。

乙。

さて。皆様は「ウミガメのスープ」というゲームをご存知でしょうか。
同名の短編が元ネタになっているもので、この話は「世にも奇妙な~」で映像化されていますから、聞いたことがあるという方も結構いらっしゃるかもしれません。(ここで管理人晩御飯で離席)

(晩酌にビール1本と日本酒熱燗二合をしこんで帰還)このゲームは、極端に情報の少ない問題文を前提に、出題者に対して「yes」か「no」で答えられる質問をぶつけて問題の背景・全体像を探っていく、というゲームです。

元ネタの「ウミガメのスープ」を例にとって説明していきます。

問題文

ある男が、レストランでウミガメのスープを飲んだ。食べ終わって、家に帰った男は死んでしまった。何故か?


これが問題文です。何の事だかよく分かりませんね。これに対して質問をして、状況を絞り込んでいくわけです。

質問:ウミガメのスープに毒は盛られていたか?
回答:no。毒は盛られていませんでした。

質問:男は他殺ですか? 自殺ですか?
回答:他殺no。 自殺yes。

質問:男は若年ですか? 老年ですか?
回答:若年no。老年yes。

質問:男の職業は重要ですか?
回答:yes!! いい質問ですね。大変関係があります。

・・・とこのようにゲームは進んでいき、質問と想像力を駆使しながら最終的に解答にたどり着ければOK、というものです。

これのネタ本がありまして、これを使って連休中サークルのメンツとやってみたところ、なかなか面白い。ちと日記のネタにしてしまいました。
ググって見ればさまざまな問題が出てきますし、2chにもスレがありますので、面白そうだと思ったら是非ご一読を。ミステリー風味で、読むだけで楽しく、ハマります。

ちなみに「ウミガメのスープ」の話の回答を「more」に載せておきます。






「ウミガメのスープ」解答

その昔、男は漁師だった。
ある日、男を乗せた漁船は嵐に遭い、男を含めた数名は漂流、遭難してしまった。辿り着いた先は荒れ果てた無人島。ここで救援を待つしかなかった。
だが、次第に衰弱していく男。見かねた仲間が、男に一杯のスープを差し出した。
「栄養のあるウミガメのスープだ。これを飲んで、元気出せ」
男はこのスープを口にし、そのおかげで衰弱から逃れ救援を受けることができた。

時は流れ、老人となった男。
ある日、彼は海沿いにあるレストランに入った。そこで出されたのは、「ウミガメのスープ」。彼は懐かしさとともにそれを一口、口に含んだ。
男の顔色が変わった。彼はシェフを呼んだ。

「君、これは確かにウミガメのスープかね?」
「左様でございます。この近海で取れたウミガメのスープです」

……あの時食べたウミガメのスープとは明らかに味が違う。
彼は思い至った。あの時島にたどり着いたのは3人で、助かったのは私とスープを作ってくれた男の2人だけだった。あの時食べた肉は、手当ての甲斐なく死んだもう一人の仲間の肉だったのだ、という事実に。
絶望した彼は、家に帰るとそのまま首を吊って死んでしまった。


この話の原作者は景山民夫。彼も自殺してしまいましたが、なんとも奇妙な一致ですね。
[PR]
by harusamean | 2005-05-03 22:15 | 日記
<< 初陣 すずか☆DEまんぼー >>