並み居る牡馬を押しのけて

>>天皇賞・秋<<

一着 ヘヴンリーロマンス 松永幹
二着○ゼンノロブロイ    横山典
三着 ダンスインザムード 北村

ヘヴンリーなんて買えませんよ(つД`)

レースは超スロー。
前半の5F通過が63秒台、ラスト3Fが逃げたストーミー以外全馬34秒以下という事を考えると、実質直線だけの競馬という事になります。

そうなると、一瞬の切れを発揮した牝馬が台頭する好機。
好位から早めスパートしたダンスと、先行し内々でじっと我慢していたヘヴンリーが好走するのも不思議ではないのかもしれません。

逆に振るわなかったのが差し追い込み勢。
リンカーン、テレグノシスなどはその典型です。このペースでは仕方が無い、としか言い様がありませんね。

しかし、半年前には福島のGⅢで10着惨敗していた馬が天皇賞馬…
改めて競馬の意外性というものを思い知らされます。
[PR]
by harusamean | 2005-10-30 20:30 | 競馬
<< もえーばとん 温泉に >>